ダウン症のドラマ

はじめに

ダウン症に関するドラマの情報です!「たったひとつのたからもの」「生まれる。」「コウノドリ」「グリー」など、色々集めました!

目次

日本のドラマ

  1. たったひとつのたからもの
  2. 生まれる。
  3. コウノドリ 第2シリーズ
  4. ブラックジャックによろしく

海外のドラマ

  1. グリー
  2. Downistie
  3. Born This Way
  4. コーキーとともに

洋画と邦画

日本のドラマ

たったひとつのたからもの

たからもの1

公式サイト

http://www.ntv.co.jp/takaramono/
Wikipedia

あらすじ

外資系の銀行でディーラーをやっている佐藤幸太郎(船越英一郎)と職場結婚した由美(よしみ 松田聖子)は、お腹の二世誕生を心待ちにしていた。まもなく産まれた子供は、少し小さめで、体重2414グラムの男の子。だが、保育器から出てきた5日目、医師は、由美と幸太郎に、思わぬ所見を伝えた。

「ダウン症の疑いがあります」

ワケが分からぬまま子供に秋雪と命名した2人は、すぐさま医療センターで精密検査。その結果、由美らは驚愕の宣告を受けた。秋雪は、染色体に異常があるダウン症で、心臓の先天的な欠陥とそれによる肺の疾患のため、余命は一年だというのだ。

ダウン症のエピソード

生後1ヶ月でダウン症と診断され、先天的な心臓疾患により、わずか1年の命と告げられた加藤秋雪くん。秋雪くんはその後6年と2ヶ月、両親の愛情に包まれて一生懸命に生きた。

2001年8月、母・加藤浩美さんの撮った秋雪くんの写真が、明治生命(現在の明治安田生命)の第1回「しあわせな瞬間」フォトコンテストで、銀賞を受賞しました。その写真や手記などを元に、『たったひとつのたからもの』と言うCMができました。2004年10月26日には松田聖子、船越栄一郎主演でドラマ化された。『たったひとつのたからもの』は、ダウン症の障害をかかえて生まれた息子・秋雪の生涯(1992年10月19日〜1999年1月3日)を写真作品、手記、および手記をもとにしたテレビドラマである。

主な出演者

ダウン症の出演者

杉森翼
杉森翼
秋雪くん役を演じたのは、成長段階に応じて、杉森翼くん(6歳)、後藤響くん(3歳)、辻智基くん(1歳)の3人です。杉森翼くんは、ダウン症児ですが、立派に大役を果たしました。現在、ラブジャンクスなどでも活躍しているようです。他の2人は、ダウン症児ではないと思われます。後藤響くんは、今でも芸能活動を続けています。辻智基くんに関しては、全く情報が得られませんでした。

ドラマの情報

情報 内容
放送日 2004/10/26
放送局 日本テレビ系
平均視聴率 30.1%
主題歌 「言葉にできない」小田和正
脚本 矢島正雄
演出 雨宮望
DVD発売日 2005/01/26
時間 120分
感想 アマゾン

明治安田生命のCM

画像をクリックすると、CM動画が、スタートします。90秒のCMです。上手く再生できない場合には、「明治安田生命」を参考にしてみてください。

父と秋雪

その他にも、2003年に、二つのCMが作成されています。

原作

関連商品 DVDなど

たったひとつのたからもの

豆知識

寸評

物凄い視聴率ですね。出演者の力もあると思いますが、ダウン症児が出演したことも大きかったのではないかと思います。ダウン症に対する社会の目が変わったのかも知れません。ドラマの中で、秋雪くんが、家に帰る途中に花を摘んで、松田聖子さんに手渡すシーンが、忘れられません。

↑ ページのトップへ戻る ↑

生まれる。

1

公式サイト

http://www.tbs.co.jp/umareru2011//
Wikipedia

あらすじ

編集プロダクションでアシスタントとして働く林田家の長女、愛美(堀北真希)は、ある日、憧れの上司・国木(戸田恵子)から、高齢出産をテーマにした特集を手がけるよう命じられる。

そんな中、愛美の父・新平(三宅裕司)が突然の発作でこの世を去ってしまう。さらに、母・愛子(田中美佐子)は思いがけぬ妊娠に気付き、愛美ら子どもたちに伝えられず、ひとり悩んでいた。

産むことを決めた母に対し、高齢出産のリスクや自分たちの生活の変化に戸惑う姉妹たちは反対する。しかし、やがて次男で大学生の浩二が賛成し、また、愛美も母の決意を少しずつ受け止めるようになる。長男でデザイナーの太一(大倉忠義)、高校生の次女・美子(竹富聖花)らも、家族や周囲との関係、また自分の生き方に悩みながらも、ひとつの新しい命に向き合ってゆく……。

ダウン症のエピソード

2011年5月、横浜市内でロケが行われた。人なつっこい性格のダウン症の高井萌生君は、撮影現場の人気者だ。堀北さんにソフトクリームを差し出したり、「あっちむいてほい」で遊んだり。監督がオーケーを出すまで7回撮り直すこともあったが、最後までやりきった。

「生まれる。」は51歳の妊娠をテーマにした社会派ドラマ。この回は妊婦役の田中美佐子さんが、胎児の染色体異常などを調べる羊水検査を受けるかどうか悩む。堀北さん演じる長女は高井君と遊んだ楽しい1日を振り返り、母に検査を勧めたことを後悔する。

第4話では、北条仁美(浅香唯)が登場する。妊娠16週で、6歳の長男・耕太はダウン症。夫に羊水検査を受けてほしいと言われ、受けるかどうか悩んでいた。陽性が出たら堕ろしてほしいと夫から言われていた。しかしその後、検査を取りやめる。

主な出演者

公式サイトの「公式サイトのキャスト」「ウィキペディアのキャスト」に、それぞれの役の詳細が載っています。

ダウン症の出演者

高井萌生(たかいほうせい)
高井萌生さん(当時10歳)は、第5・6・8・9・最終話に登場する。特に、第5話では、中心人物となっている。堀北真希さんらと遊ぶダウン症の子ども役だ。母の由佳さんは「歌ったり踊ったりするのが大好きな子。元気で、楽しいところをみてほしい」と話す。

東京の企画会社「ケイプランニング」(東京都渋谷区)が運営する知的障害児専門の「芸能部子どもSPクラス」に所属し、オーディションで選ばれた。ドキュメンタリーにダウン症の子どもが出ることはあるが、役者として出演する例はまれ。

「やっとここまできた」三年前にSPクラスを立ち上げた国枝秀美社長は喜ぶ。「障がいへの理解が進まないのはメディアへの露出が少ないためでは」と考え、欧米のように障害者がテレビや映画に出るのが当たり前の社会を目指した。現在、幼児から30代までの約80人が、歌や演技などのレッスンに励んでいる。「子どもたちは注目されればされるほど実力を発揮する。今回の出演を弾みにしたい」

ドラマの情報

情報 内容
放送日 2011/4/22 〜 6/24
放送局 TBS
平均視聴率 10.3%(全10話)
主題歌 「365日家族」関ジャニ∞
脚本 鈴木おさむ
演出 金子文紀 / 吉田秋生 / 武藤淳
DVD発売日 2011/09/09
時間 450分
感想 アマゾン

動画

生まれる。」と言う動画集がありますが、再生しようとすると、「この動画を視聴できるのは、Music Premium のメンバーのみです」となってしまいます。メンバーの方は、ぜひご覧ください。興味のある方は、「登録」してみてください。

関連商品 DVDなど

豆知識

寸評

脚本の鈴木おさむさんの妻・大島美幸さんが、テレビで「おさむさんのお姉さんの子供が、障害児です」と、言っていました。調べたら、「鈴木おさむのネタ帳」に色々書いてありました。おさむさんも、このドラマの脚本を書くときには、色んな思いがあったと思います。そう言うのは、視聴者に伝わると思うので、これからも、精力的に活動して欲しいです。

↑ ページのトップへ戻る ↑

コウノドリ 第2シリーズ

1
コウノドリには、「第1シリーズ」もありますが、ここでは、「第2シリーズ」についてご紹介します。特に、ダウン症の話が出る「第10話」と「最終話」に重きを置きます。

公式サイト

コウノドリ 第2シリーズ
Wikipedia

あらすじ

【第10話】

別のクリニックで出生前診断を受け、21トリソミー陽性と検査結果が出た妊婦の高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)がサクラ(綾野剛)の元を訪れる。透子と光弘に確定検査である羊水検査について説明するサクラは、お腹の中の赤ちゃんについて「二人で向き合い、決めていくことになる」と告げるが、動揺する透子と光弘に「これからのことを一緒に考えよう」と寄り添い支える。

一方で、サクラと今橋(大森南朋)は、出生前診断を受けたもう一組の夫婦、明代(りょう)と夫・信英(近藤公園)のカウンセリングを行う。こちらの夫婦は羊水検査でダウン症候群との診断を受けていたのだ。サクラと今橋を前に明代は“ある決意”を告げる。

2組の夫婦の選択に、サクラはどう向き合い、どう寄り添っていくのか。命について、思い悩むペルソナメンバーたちに、サクラは自らの“ある想い”を告げる──。

【最終話】

サクラ(綾野剛)は、出生前診断でお腹の赤ちゃんがダウン症候群と診断を受けるも、産むことを決意した透子(初音映莉子)と向き合っていた。まだ不安が拭えない透子に今橋(大森南朋)はある〝詩〟を教える。

一方、父・晃志郎(塩見三省)が亡くなり、「ペルソナを頼む」と告げて、地元に帰った四宮(星野源)は、自らの今後について悩んでいた。そんな四宮の様子に気付いたサクラはとある人物と会わせることに。そして、学生時代からずっと共に過ごしてきた下屋(松岡茉優)と白川(坂口健太郎)に別れは訪れた。新たな研修先を見つけた白川がついにペルソナを離れることに。「寂しくない」と強がる下屋に白川がかけた思いがけない言葉とはーー。

そんな中、小松(吉田羊)の同期である武田(須藤理彩)が出産の日を迎える。順調に思えた出産にまさかの出来事が……!?

ダウン症のエピソード

究極の選択をする家族。透子がやっぱりお母さんになりたいと泣き崩れたシーンは、すでに母になっている透子の心の底からの声でした。撮影中もいたたまれない表情で立ちすくむ透子を演じたのは初音映莉子さん。スタジオが寒くないか、床に座ってスタンバイしている初音さんを気遣って声をかけてくれていたのは、近くに寄り添っていた吉田羊さんでした。本番で見せた小松さんの涙と腕をさするやさしい手。台本には書かれていない動きでしたが、自然に妊婦さんに寄り添うその姿勢は、小松さんそのものでした。

主な出演者

主要人物
第10話と最終話

ダウン症の出演者

山田楽士(やまだがくと)
山田楽士
奥山佳恵さんには、ダウン症のお子さんがいますが、山田楽士くんではありません。奥山さんの長男は、2002年生まれの空良(そら)くんで、次男は、2011年生まれの美良生(みらい)くんです。奥山さんは、自身のブログ「奥山佳恵 てきとう 絵日記」の中で、美良生くんがダウン症であることを発表しました。

ドラマの情報

情報 内容
放送日 2017/10/13 〜 12/22
放送局 TBS系
平均視聴率 11.9%(全11話)
主題歌 『奇蹟』Uru
脚本 坪田 文 / 矢島弘一 / 吉田康弘
演出 土井裕泰 / 山本剛義 / 韓哲 / 加藤尚樹
DVD発売日 2018/03/28
時間 520分
感想 アマゾン

動画


TBS金曜ドラマ「コウノドリ」の主題歌として話題を呼んでいるUruのニューシングル「奇蹟」と、鈴ノ木ユウの原作漫画「コウノドリ」(講談社刊)のコラボレーション映像。原作の漫画イラストから、歌詞のイメージとリンクした場面を切り取って映像化したスペシャルミュージックビデオ第二弾。

原作

関連商品 DVDなど

豆知識

寸評

第2シリーズの最後が、ダウン症のことだったのが、光栄でした。それだけ、大事に扱ってくれている証拠だし、世間の人も注目していると判断したのでしょう。奥山佳恵さんが、ダウン症の子と一緒に出演したのは、驚きましたが、多分快く引き受けたのでしょう。それだけ、ダウン症のことを発信しているし、活動もしているから。

↑ ページのトップへ戻る ↑

ブラックジャックによろしく

ブラックジャックにようこそ1

参考サイト

Wikipedia
ザテレビジョン

あらすじ

名門「永禄大学医学部」を卒業した斉藤英二郎(妻夫木聡)は、永禄大学附属病院で研修医として働くことになった。医師になるには医師免許を取得してから2年間、実際の現場の指導医の元で臨床研修を受けなければならない。しかし、月給は3万8千円。上京して一人暮らしをしている英二郎はそれだけでは当然足りない。そのために、他の病院で夜間救急の当直医のアルバイトをすることになるが、結果として厳しい日本の医療事情を身を以て経験することとなる。

研修医・英二郎が持つ理想の医療現場とは掛け離れた、病院が抱えている矛盾や医療問題に、苦悩しつつも懸命に立ち向かっていく姿を描いていく。

ダウン症のエピソード

原作漫画の『ブラックジャックによろしく』の3巻と4巻に「NICU(新生児集中治療室)編」があり、ドラマの第6話〜第9話で、それに言及している。基本的には原作に沿った内容になっているが、変更点やオリジナルの展開およびキャストも多い。

【主な登場人物】
【第6話〜第9話のダイジェスト】

ある夜、破水した妊婦・佳子(横山めぐみ)が、NICU(新生児集中治療室)運び込まれ、双子の男児を出産。ダウン症だった。指導医・高砂(笑福亭鶴瓶)はある異変に気付き、双子の弟に緊急手術が必要だと告知。だが、田辺(吉田栄作)は手術の同意を拒否する。悩んだ斉藤(妻夫木聡)は、初めて夜間の当直バイトを体験した誠同病院の院長・服部(緒形拳)を訪問。服部の助言を受け、法的な処置を取って手術を行なうことを、高砂に進言する。斉藤は田辺が拒否しているにもかかわらず、双子の弟の手術を切望。手術のイメージトレーニングなど、自分でできることをやろうともがく。そんな中、カオリ(鈴木京香)からオペに空きが出たと連絡が入る。斉藤は高砂の制止を振り切り、弟を手術室へーー。

主な出演者

主要人物
NICU(新生児集中治療室)編

ドラマの情報

情報 内容
放送日 2003/4/11 〜 6/20
放送局 TBS
平均視聴率 14.2%(全11話)
主題歌 「LIFE is... 〜another story〜」平井堅
脚本 後藤法子
演出 平野俊一 / 三城真一 / 山室大輔
DVD発売日 2003/08/29
時間 520分
感想 アマゾン

動画

平井堅の主題歌「LIFE is...~another story~」

原作

関連商品 DVDなど

豆知識

著作権

寸評

随分と話題の多い原作者ですね! 著作権フリーと言うのは、面白い試みで、ドラマの第三弾なども、実現するかも知れませんね。そうでなくとも、色々な展開がなされていて、これからが楽しみです。本当にありがとうございます。

↑ ページのトップへ戻る ↑


海外のドラマ

グリー

グリータイトルカード

参考サイト

Wikipedia
https://www.fox.com/glee/(英語)

あらすじ

オハイオ州ライマにある架空の学校、ウィリアム・マッキンリー高校の合唱部(グリークラブ)を中心に描かれる、ミュージック・コメディ・ドラマである。プロのダンサーやミュージシャン、ブロードウェイでの舞台経験などを持つ実力派のキャスト(出演者)たちが、1930年代から90年代のスタンダードから最新のヒットソング、著名なミュージカル・ナンバーなど、毎回幅広いジャンルから名曲をカバーするパフォーマンス(ショウ・クワイアー)が見どころのひとつ。

グリーは、「シーズン1〜6」まであります。参考までに、シーズン1をご紹介します。

【シーズン1】

オハイオ州北西部の町、ライマにあるウィリアム・マッキンリー高校のグリークラブは廃部の危機を迎えていた。マッキンリー高校の教師で同校卒業生のウィル・シュースターは、自分が在籍していた当時の栄光を取り戻すべく、新生グリークラブ「ニュー・ディレクションズ!」の顧問となる。

最初の部員はレイチェル、メルセデス、ティナ、カート、アーティの5人であったが、のちにアメフト部員がかけ持ちという形で合流し、スパイとして送り込まれたチアリーディング部のメンバーも取り込まれていった。集結した部員は各種マイノリティー(社会的少数者)揃いで、校内では負け犬のレッテルを貼られいじめの対象だったうえ、部の予算を狙うスーからの嫌がらせにも悩まされるが、ウィルや仲間たちと信頼を築きながら、地区大会や州大会を目指していく。部の存続の条件は州大会での優勝であった。

ダウン症のエピソード

チアリーディング部の顧問のスー・シルベスターの姉・ジーンが、ダウン症と言う設定です。スーは、ジーンのことを敬愛し、彼女のいる施設をよく訪れる優しい一面があります。母親はナチ・ハンター。シーズン3で人工授精により妊娠し、娘のロビンを出産しました。なお、ロビンはダウン症です。

ベッキー・ジャクソンは、ダウン症の女子生徒です。

スーは、ダウン症に縁があり、ベッキーをちょう愛していました。

主な出演者

ダウン症に関する出演者

ジェーン・リンチ
チアリーディング部の顧問。ウィルとグリー部に嫌がらせをし、グリー部の予算を狙っている。チア部は全国大会連覇中で顧問として実績はあるものの激しい性格をしており、相手が校長でも自らネタを作って平気で脅したり、生徒に暴行を加えるほど。

シーズン5でフィギンズを校長解任に陥れ、校長の座に就き、「ニュー・ディレクションズ!」に勝利したかに見えたが、ファイナルシーズンでレイチェルらにより新しいニューディレクションズが結成される。そして第10話で、今まで行われた悪行を暴露されマッキンリー校を去ることになる。

その後は、ジェブ・ブッシュの副大統領に立候補。2016年、2020年の2回とも当選し、最終話で、「フィン・ハドソン」の名前がついた講堂でスピーチを行った(ブッシュ本人も共和党の政治家で、2016年の大統領候選に立候補したが、共和党予備選挙でドナルド・トランプらに敗れた)。

ローレン・ポッター
ダウン症の女子生徒役。ダンスは上手くないが「チェリオス」のオーディションに応募し、スーから合格を言い渡される。その後はスーの秘書のような形で活動している。おもにウィルとグリークラブの部員に対して悪態をつく。

シーズン4では学校に銃を持ち込み発砲。この事件でスーが庇うように一度マッキンリー校をやめているが、校長に真相を話したため、停学となりスーも復職した。

ファイナルシーズンにて、ダルトン・アカデミーが全焼したことで「ウォブラーズ」の高校生が「ニュー・ディレクションズ!」と合体するのに反対したスーに対して反旗を翻し、スーの今までの悪行を暴露した。

ローレン・ポッターは、本当にダウン症と言う訳ではなく、現在、女優やプロデューサーとして活躍している。

ドラマの情報

情報 内容
原題 glee
製作国 アメリカ
製作 20世紀フォックステレビジョン
製作総指揮 ライアン・マーフィー / ブラッド・ファルチャック / ダンテ・ディ・ロレト / イアン・ブレナン
脚本 ライアン・マーフィー / ブラッド・ファルチャック / イアン・ブレナン
放送日 2009/5/19 〜 2015/3/20
話数 121
言語 英語
感想 アマゾン

動画

20世紀フォックス」のサイトで、グリーの予告動画を見たり、DVDなどを買ったりできます。以下の動画は、シーズン1の予告動画です。

関連商品 DVDなど

豆知識

寸評

社会現象とまでなったドラマも、いつか終わる時が来るんですね。でも、終わっても、こうして、それを調べる人がいる。グリーの関係者は、感無量でしょう。そして、ここでも、ダウン症の話が出てきました。とても励まされます。銃を発砲したのは、頂けませんが……。

↑ ページのトップへ戻る ↑

Downistie

Downistieタイトルカード

参考サイト

https://dangerousminds.net/(英語)

上記のサイトは、トークショーの記事です。

あらすじ

(不明)

ダウン症のエピソード

The idea of a show with only people with Down syndrome is rather charming. What ends up being a true mind-bender is that it posits a world in which everyone has Down syndrome—all doctors, everyone at the gym, and so on. In this world, it’s the norm. Insofar as people without Down syndrome find the show humorous, part of the mirth may arise out of the depiction of such conniving, venal, and spiteful activities in people who are not generally depicted as partaking in such emotions. The show is nothing if not self-conscious—in the subtitled clip, the prognosis of an expected baby who may not have Down syndrome is treated as a crisis. Now that’s radical.

ダウン症の方だけでドラマを作るアイデアは、とても魅力的です。ひねくれた人でも、結局、医師やジムの人など全てが、ダウン症の方である世界を受け入れられるでしょう。この(ドラマの)世界では、それが普通の世界です。ダウン症の方なしには、このドラマのユーモアや笑いの場面は、陰険で、買収されやすく、そして、大抵、そのような感情を持っているとして描写しないような人の悪意に満ちた活動では、見つけられないでしょう。ドラマは、もしも字幕場面の自己意識やダウン症ではないと予想される赤ちゃんの予測が危機として扱われたら、意味をなさない。今、それが問われている。(翻訳が下手なので、原文も載せました)

ダウン症の出演者

Sara van Ketel
Sara van Ketel
According to the Greetings from Holland blog, the actress who plays housewife and mom “Vicky” is named Sara van Ketel. She says (translation cleaned up a little): I didn’t have to do auditions, I simply can act. I just want to be famous. I have always wanted it. I am already, a bit. In the supermarket or in the subway, people ask me, “Were you on TV?” And then I answer, “It is possible” ... I think it is great that I act only with other people with a handicap. They are all my friends. Maybe other people think this is a crazy project, but I think it is quite normal. And we cannot do anything to change the fact that we have the Down Syndrome, right? I have suffered from bullies(いじめ), mostly kids, who scream on the street: “mongoloid!” But I do not scream anything back. ... I do not kiss during the footage(場面). I think it is not appropriate(ふさわしい). I only kiss my real boyfriend in my real life. I have already watched some scenes on the television. I am enormously(ものすごく) proud of myself.

多分、この方で合っているとは思いますが、ダウン症の方が、どう言う言葉使いをしているかを知ってもらいたいので、あえて、原文を載せます。一部の単語には、日本語訳をつけました。

ドラマの情報

情報 内容
原題 Downistie
製作国 オランダ

動画

ニュース記事」に、Downistieの動画が、いくつかあります。


Downistieの予告動画です。15秒ほどのCMの後、しばらくして再生されます。結構時間がかかる場合があります。

【他の動画】

関連商品 DVDなど

Onze projecten」と「Stichting Downsyndroom」と言うところで、DVDを販売しています。

豆知識

寸評

役者全員が、ダウン症の方だったことで、好意的な意見もありますが、批判的な意見もあったようです。でも、ダウン症の方にとっては、それが、普通の世界なのかも知れません。ダウン症の方は、支援学校に行ったりして、悪く言えば、社会から隔離されるように暮らしています。そこは、ダウン症の世界です。まさにこのドラマは、そのダウン症の方の目線で描かれているのです。それを垣間見るのは、悪くないことだと思います。

↑ ページのトップへ戻る ↑

Born This Way

タイトルカード

公式サイト

https://www.aetv.com/shows/born-this-way(英語)
Wikipedia

あらすじ

「Born This Way」の舞台はカリフォルニア州南部。7人のダウン症の若い男女から成るグループの個性豊かなメンバーたちが、世間のあらゆる常識を覆して、友情や恋愛、仕事を通して、自分たちの情熱や夢を追い求める様子をカメラがつぶさにとらえたドキュメンタリー作品です。番組には彼らの親も登場。ダウン症の息子や娘が家族にもたらす喜び、彼らが直面するダウン症の子供たちの自立の難しさについて語ります。

ダウン症のエピソード

7人のメッセージ:

We are seven friends,
each unique,
but one thing in common.
Down Syndrome.
But, that does not define us.
This is OUR story.

主な出演者

出演者の写真と情報は、「cast」で見ることができます。「Wikipedia」にも、文章の紹介があります。

ダウン症の出演者

エレナ・アッシュモア
このドラマには、白人や黒人に混じって、東洋系の女性が一人参加しています。彼女の名前はエレナ(英玲奈)・アッシュモア。父親がオーストラリア人で、母親が日本人です。今は、アメリカで女優として活躍しています。「ディスカバー・ニッケイ」に詳細情報があります。

ドラマの情報

情報 内容
原題 Born This Way
製作国 アメリカ
Created by Jonathan Murray
Directed by Laura Korkoian
放送日 2015/12/8 〜 2019/12/18
放送局 A&E
DVDの時間 各話60分
感想 IMDb

動画

新シーズンの動画です。

関連商品 DVDなど

多分、合っているとは思いますが、購入前にご確認ください。

豆知識

寸評

7人のダウン症の方々の織りなすドラマに魅力を感じます。本当に自然で、楽しい内容だと思います。そう言う点では、健常児と何も変わりません。その「普通さ」を感じてもらえれば幸いです。

↑ ページのトップへ戻る ↑

コーキーとともに

タイトルカード

公式サイト

Wikipedia(英語)
Wikipedia

あらすじ

ダウン症のあるコーキー・サッチャーと、彼を支えてい家族・友人の物語。第2シーズン後半からはコーキーの姉妹であるベッカの生活についても掘り下げられていく。

ダウン症のエピソード

サッチャー家は、コーキーをダウン症の人のための学校に入れるよう校長に要求されたが、通常の高校に進学させました。
ベッカの高校時代の片思いの相手の兄弟もダウン症でした。
コーキーは、後にダウン症のアマンダ・スワンソン(アンドレア・フリードマン)と結婚しました。

主な出演者

IMDb」にキャスト一覧があります。

ダウン症の出演者

クリス・バーク
クリス・バーク
クリス・バークも、実際にダウン症です。現在は、啓発活動に尽力しているようです。
クリス・バークは、1987年にABCのTV映画「デスパレート」で最初の本格的な演技の仕事をしました。その時、ABCのネットワークのエグゼクティブプロデューサーのマイケル・ブレイバーマンが、彼のパフォーマンスに感銘を受け、コーキー・サッチャーを主な配役とする「Life Goes On」を製作しました。コーキーは、ダウン症のネットワークテレビシリーズの最初の登場人物でした。バークの革命的な役割は、ダウン症の人々の現実的な描写を伝え、聴衆が障害を持つ人々を見る概念を変えました。「Life Goes On」は、バークを名声と幅広い認識へと導いた。

ドラマの情報

情報 内容
原題 Life Goes On
製作国 アメリカ
crew crew一覧
主題歌 「オブラディ・オブラダ」ビートルズ
放送日 1989/9/12 〜 1993/5/23
放送局 ABC
DVD発売日 1989
時間 60分
感想 アマゾン

動画

IMDb」には、「予告動画」があります。

インタビュー動画です。

関連商品 DVDなど

豆知識

寸評

テレビ番組にもダウン症の方が登場した革新的な番組です。NHKでは、こうして海外のダウン症の方の登場するドラマなどを放送しますが、続きません。それは、日本が、まだアメリカに追い付いていないからで、今一度、放送に踏み切ると、違う結果になるかもしれないと思いました。

↑ ページのトップへ戻る ↑


引用・参考文献

免責

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.