トップ > ダウン症関連の団体

ダウン症関連の団体(ダンス、ラブジャンクス)

ラブジャンクス


ダウン症のある方にエンターテイメントの楽しさを感じてもらい、表現するということの素晴らしさを伝え、そして、より多くの方に理解してもらうことで、誤解や偏見をなくし、彼らの可能性を広げることを目的として活動しています。2002年、当時芸能スクールでタレント育成をしていた牧野が、ダウン症の支援団体からの依頼でダンス講師を引き受けたのがそもそものはじまりでした。彼らの人を引きつける才能、感性の高さに魅了されたのです。ダウン症のある方は、比較的ゆっくり成長しますが、秘められた可能性が無限大です。感受性が高く、彼らの笑顔には相手を笑顔にさせるそんな力があります。筋肉がつきにくいと言われているダウン症のある方によるヒップホップダンスは、国内外の医療や福祉の専門家からとても画期的なものだといわれ、多くのメディアでも取り上げられています。ダンス、歌、演劇をメインに、多くのイベント出演や出張レッスンなどの活動をしています。現在、関東・関西・北海道で800名以上が在籍する国内最大級の活動団体です(公式サイトより)。

【公式サイト】:ラブジャンクス

ラブジャンクス

知的障がい者スポーツ


当協会は、主に国内にある知的障がい者スポーツ団体の統括組織として活動しており、TOPアスリートだけでなく、これまでなかなか機会が無かった重度・重複障がいのある知的障がい児・者やダウン症の方々にも、日常生活のなかで運動・スポーツを行える環境整備やそのための理解・啓発のための事業を展開しています。すべての知的障がい児・者のスポーツ参加を応援しています(公式サイトより)。

【公式サイト】:知的障がい者スポーツ

知的障がい者スポーツ

アクセプションズ


障害のある人の社会的受容「acceptance」と周辺化されがちな人々を包摂・包括する「inclusion」を組み合わせてAcceptions(アクセプションズ)と命名。日本社会に多様性の素晴らしさを発信し、ダウン症のある人、その家族、そしてすべての人が自分の能力を活かし、お互いを尊重できるインクルーシブな社会の実現を目指して活動しています。 日本で初めてNY発祥の「バディウォーク」を東京渋谷で開催し、各種イベントや企業団体とのコラボレーションによってダウン症のある人の魅力を発信しています(公式サイトより)。

【公式サイト】:アクセプションズ


子育て手帳「+Happy しあわせのたね」


日本ダウン症協会(JDS)作成のダウン症のあるお子さんのための母子手帳の役割を果たす手帳です。 穏やかに前向きに子育てができるように、よりすぐりの情報がつまっています。ダウンロード版(PDF)は無料です(ぽけっとの会より)。

【公式サイト】:子育て手帳「+Happy しあわせのたね」

子育て手帳「+Happy しあわせのたね」

ニポとなかまたち


ダウン症のあるキャラクター「ニポとなかまたち」の公式グッズ販売サイトです。オリジナルで名前を入れられるグッズなど、日常で使えるかわいいアイテムを沢山販売中(ぽけっとの会より)。

【公式サイト】:ニポとなかまたち

ニポとなかまたち

IKKA(いっか)


「IKKA」は、ダウン症のある人たちの「強み」や「良さ」を活かし、彼・彼女ららしく輝いて活躍できる場を広げることを目的に、保護者が中心となって結成した団体です。ダウン症のある人とその家族を「まなぶ」「はたらく」「くらす」3つの事業でサポートしています(公式サイトより)。

【公式サイト】:IKKA

IKKA

トイボックス


一人ひとりの多様性を活かせる社会にするために、自治体と連携しながら「ひとづくり」「まちづくり」「つながりづくり」に取り組んでいます(公式サイトより)。

【公式サイト】:トイボックス

トイボックス

Happiness(ハピネス)


京都府・京都市南区・伏見区・醍醐・山科区のダンスサークルHappiness(ハピネス)です。ダウン症を持つ子供達の運動不足解消とダウン症コミュニティーを目的として活動しています(公式ブログより)。

【公式サイト】:Happiness

Happiness

スタジオ・エリカ


当事務所には健常者とハンディキャップを持つモデルが所属しています。それぞれが想い憧れを持ち、夢の実現に向かい演技レッスンや撮影会などを通してレベルアップをはかっています。健常者とハンディキャップモデルの共存による人間性の発展、相互理解、許容性も同時に育て「健常者」「障がいがある人」という垣根のないボーダーレスを目標にしています(公式サイトより)。

【公式サイト】:スタジオ・エリカ


AVENIR


知的に障害がありながらエンターテイナーを目指す若者たちを育成します。エンターテイメントの仕事を目指すことに障害は関係ありません。寧ろ、皆様に喜んでいただくパフォーマンスの中に、障害というジャンルが加わって欲しいと私たちは考えています(公式サイトより)。

【公式サイト】:AVENIR

AVENIR

Langdon Down, The Legacy


国際ダウン症連合<DSI>とイギリスダウン症協会が、世界ダウン症会議のオープニングを飾るために製作しました。イギリスダウン症協会の本拠地、ロンドンにあるビクトリア調のすばらしい建物についてのショートフィルムです。1868年にジョン・ラングドン・ダウン医師が建てたこの建物は、知的障害のある人々が看護され教育されるための場所として建てられ、ダウン症にとっての「心のふるさと」といわれています(ぽけっとの会より)。


免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) ダウン症のポータルサイト. All Rights Reserved.